設備機材

床暖房の概念は、床自体を温めることによって周りの空気も温まり、結果として部屋全体を温めるというものです。
類似物として電気カーペットがありますが、見た目上は床暖房の方がすっきりしており掃除も楽にできます。
体に触れる部分が温かいため快適に過ごせますが、直接温風を出す空調機と比べると即効性はやや低いと言えます。
また空調機は冷房もあるので夏でも使えます。
床暖房は電気ヒーター式と温水式の2種類に分ける事が出来ます。
電気ヒーター式は床材に熱線などの発熱体を通して電気でそれを温めることによって床全体を温めるものです。
床材を張ってケーブルをを接続すればすぐ使えるので、設備自体の価格は安く済みますが、電気料金などのランニングコストは割高になります。
温水式は床材の間に管を巡らせ、ここに温水を通すことで床を温めるという方式です。
温水を作り出す設備とその設置場所が別途必要なため、設備価格は高めです。
温水を作り出す方法は様々です。
電気やガス、灯油、太陽熱などで、これらを組み合わせたハイブリッド式といったものもあります。
灯油方式はランニングコストが比較的安いですが、定期的に給油を行う必要があります。
電気による方法では、電気料金の節約のため深夜電力を使うなど、省エネを考慮したものが多数発売されています。
冬の暖房に関してはこのように多くの選択肢があります。
空調機と床暖房それぞれのメリットを生かし使い分けるなどの工夫をされている人もいるようです。
暖房器具を選ぶ際は、専門業者と価格や使用頻度などを十分に検討したうえで決める必要があります。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

オススメリンク